topへ戻る

教育方針

園長先生のご挨拶

「楽しくなければ幼稚園ではない」

ー子どもたちが元気になかよく遊び姿  笑顔あふれる温もりのある空間ー

幼児期の子どもにとって一番大切なこと。
それは心と体をバランスよく育てることだと私たちは考えます。
心の面では芽生え始めた個性や自我を素直に伸ばしていかなければなりません。
体の面では基礎的な運動能力の発達と健康的な体力づくりが必要になります。
友達と触れ合ったり、毎日の様々なできごとから社会生活や集団生活のルールを学ぶことも大切なことです。
交野幼稚園では心身の調和のとれた教育を目標に、充実した環境の中、創意に富んだ教育内容で子どもたち の豊かな心と体を育てていきます。

ご家庭と園がしっかりと手と携えながら、お子さまの 素晴らしい成長を共に支え、共に喜びたいー

私たちの思いはそこにあります。

交野幼稚園 園長  和田 睦

教育方針

一人ひとりの子どもの心身の発達をよく見極め、「つよく ただしく ほがらかに」を園訓に、「適切なしつけ」と「体力づくり」に力を入れ、心の通った温かい教育を行います。

保育の特色

園庭を活用し、基本的な体力づくりを実践。着実に運動機能の増進をはかるため、専門講師により、学期ごとに段階を経た体育指導を行っています。

縄跳び・マット運動・鉄棒・跳び箱・ドッジボール・トランポリンなど

挨拶や整理整頓、身だしなみ、時間のけじめなど、幼児期に必要な基本的な生活習慣を身に着けます。

ハーモニカ・鍵盤ハーモニカ・打楽器など、様々な楽器を活用して、音楽の楽しさ、素晴らしさを体験し、表現力を育てます。また、専門講師による絵画指導も行っています。

園の制服

着脱のしやすいジャケットに、愛らしいチェックのズボンとスカート。
夏はブルーのセーラーカラーがかわいいブラウスで着心地にもこだわりました。